麻生堰 四万十市観光協会より 6.8km地点
 
麻生堰

 

 江戸時代に土佐藩山内家の家老、野中兼山が作った分水目的の井堰。秋田・安並・佐岡・古津賀の四ヶ村を灌漑するために作られたがね。コンクリートになったいまでも利用されているのは、それだけ生活に密着しているということながやろうね。用水路に降りられる階段や坂がいまもあったりするがよ。

灌漑(かんがい)・・・農地に外部から人工的に水を供給すること


   
   
戻る

Copyright Shimanto City Tourism Association