≪ 秋・ カルチャー ≫
不破八幡宮大祭

 1423年(応仁2年)一條公が応仁の乱を機に荘園経営のため中村に開府のとき、幡多の総鎮守として又一條家守護神として山城国石清水八幡宮を勧請したもので、本殿は重要文化財の指定を受け、昭和40年11月1日解体工事が施された。
 不破八幡宮神社祭典にはいろいろあるが、中でも神様の結婚式は当時の略奪結婚の蛮風を戒めるために始めたとされ、全国的にも珍しい神事である。

開催日時

令和2年9月19日(土)15時 例大祭

本年は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、多くの行事の中止、例大祭期間も1日のみとなり、例年より規模を縮小して行われます。
※中止となる主な行事【奉納こども相撲、奉納神楽(幡多神楽)、上げ馬・流鏑馬、神輿巡幸、神輿合わせの儀等】

お問合せ先

不破八幡宮 奉賛会 0880-35-2839
〒787-0017 高知県四万十市不破1374-1